2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

OLD »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Eternal



新曲と言ってますが2~3年前に作った曲です。
紆余曲折会ってこのタイミングでの投稿になりました。

作詞およびイラストはセキユさん。
原案となる歌詞を数年前に頂いて、そこから曲にしたって感じです(数年前のことなので定かではないですが)。
詩もイラストもきれいに仕上がってます。ありがとうございます!

動画はasakiさん。
セキユさんからの紹介でお願いしました。
短期間でしたがそれに見合わぬクオリティかつ、曲に合う美しい動画を本当にありがとうございました!


次の曲がちょっといつになるかわかりませんが、ちょこちょこ作ってはいます。
よろしくお願いしまーす。
スポンサーサイト

心が弱いと言われる



たぶんシューゲっぽい曲。
以前投稿したHecate, Sunset Kingdomっていう曲はそのへんを意図して作った曲なんですが、こちらは結果的にシューゲっぽくなった曲です。

歌詞は「心が弱いと言われる」という言葉が浮かんでなんとなく気に入って、そこからちょっとだけ広げて書きました。タイトルにも採用。
(表現が割とアレなところがありますが、数日前にぼくが社会人デビューしたこととは全く関係ないです)

今回の韻
ぼくは生あくびをして
ぼくらはただ首を絞め
ぼくらは絡繰を知って
ぼくらはただ罪を着て
OUAAAAUIOIE


動画は依存さんです!
コラボするのは6回目?でしょうか、いつも素晴らしい動画をありがとうございます。



次の動画もそんなに遠くないうちに公開できるかと思います。
よろしくお願いします!



三年前くらいに作ってた曲をセルフリメイクしました。
なので作詞作曲は三年前、編曲をここ1週間くらいで、という感じです。

これまで公開した曲の中で最短。



blogも最短。

フールプルーフ



2~3年前に8割程度完成していたものの、何か物足りないと思って放置していた曲です。
その時のものにストリングスを加えて、あとシンセをちょっと増やして完成、としました。

この曲に限らず、こういう歌詞を書くと適当な言葉を並べただけじゃーんみたいなことを言われそうですけど、
そう言っちゃうのは(そこで思考を止めちゃうのは)勿体ないと個人的には思っています。
ちゃんと意味や意図はありますので。

まるでその意図を汲んでくださったかのような動画はtwilight_ksさんです。
一回殿堂入りコンピhttp://www.nicovideo.jp/watch/sm21217109で動画すごいなかっこいいなと思って今回の動画をお願いしました。
出来上がった動画も期待以上のものでした、ありがとうございました!


皆様、良いお年を!

雨と二人の青写真




ポップな感じで、2010年頃にぼくが作ってたような曲調です。
と言うのも3~4年前くらいに作った「14」っていう曲を元に分解して再構築したからです。
あまり元の要素は残ってないですけれど。

動画は真理歪さんです。三回目のコラボかな?
毎度、曲の理解力とそれをカタチにする完成度には痺れます。
ありがとうございました!

歌詞中の「やらず雨」っていう言葉を何かの小説を読んでる時に知って、その意味を調べて良いなと思って、そこから広げて歌詞にしました。
その歌詞は今回、これまでの世界観やストーリー性なんかもそうですがそれに加えて、「韻」も成立させることを意識してます。
日本語J-POPラップのようなキャッチーさと、ガチな(という表現が適切がどうかわかりませんが)ラップやヒップホップくらいしっかり韻を踏むことを両立させようとした、という感じです。



せっかくなので今回は「韻を踏む」ことについてちょっと記事を書きます。
(「韻」について、世間的にあまり正しく認識されていないような気がしているのと、
あとはどうせそういう曲を作ったからには韻スゲーって言われたいからですヽ(´ー`)ノ)

韻を踏む=押韻とも言いますが、Wikipediaには
「押韻(おういん)とは、同一または類似の韻をもった語を一定の箇所に用いることをいう。」
とあります。

具体的に例をあげると
世界 手紙 眩暈 手編み

これらの語の母音が全て同じ[EAI]なのがわかるかと思います。
[sEkAI, tEgAmI, mEmAI, tEAmI]

ざっくり言えばこのように母音を揃えることを「押韻」とか「韻を踏む」とか「ライミング」などと言います(たぶん)。
これだけ守ってれば別に何でもいいので上の条件だと他にも
粘り ケバい 蹴鞠 毛ガニ で何? …というようにいくらでも言葉はあるわけです。


もう一つくらい実例を。
既存曲で何か有名なフレーズないかなと思って思いついたのがこれ。
(ボカロで韻踏んでるいい曲ないかと思ったけど見つけられなかった)

俺は東京生まれHIP HOP育ち
悪そうな奴は大体友達
(Grateful Days/Dragon Ash)

文末の[そだち]と[(と)もだち]が韻踏んでるところです[OAI]


ここまで示した例は二つとも三文字でしたがもっと長くてもいけます。
「長嶋茂雄」と「まさに神でしょ」[AAIAIEO]とか
「オバマ大統領」と「終わらない抗争」[OAAAIOUOU]とか
「倍返しだ」と「播磨平野」[AIAEIA]とか。
(それを歌詞でどう使うのよ、みたいなのもありますがw)


ここまででだいたい「韻を踏む」ことがどういうことなのか分かったかと思います。
ここからは今回公開した曲の歌詞についてです。サビ以外では韻を踏んでるつもりです。
歌詞全文はこちら → http://piapro.jp/t/_o9Z

一部紹介すると、

2番Aメロ
時間の中で/(い)ち番の眺め/彼岸を重ね/(ブリ)リアントサマデー[IANOAAE]
至り/痛み/になり/次第/にwarning/左/いない/(あ)いたい[IAI]

Cメロ
(ふ)がいない/間違い/場違い/恥じらい/(く)やしなき/(も)らい泣き/(お)まじない/始まり/(う)ばいあい/バイバイ/歯磨き/合鍵[AIAI]

です。warningって「ウォーニング」じゃね?、っていう指摘はやめてあげてください。
他にも1番のAメロにもあるので探してみてください(後半は若干妥協してますが)。


とここまで書いてきましたが、一つだけ、長い文字数で韻を踏めば踏むほど
良いかと言うとそういうわけでもなくて(いや勿論それはそれでテクニカル的な面では凄いことなんですが)、
結局のところ歌詞である以上は、声や曲にして発声した時に気持ちいいかとかしっくりくるかとか、
そういう観点も大事ですよね、という話です。
長くなりましたがこれくらいで!


今後も僕自身、曲によって韻を考えたり考えなかったりしていくつもりですし、他の方の曲を聞くときも、
「韻」を意識して聴くとまた違った発見があるのではないかと思います。

では!

プロフィール

門角

Author:門角
門角(もんつの)と言います。
曲作ってます。


ミスってブログを消したことがあります。







twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。