2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜グラヴィティ



桜グラヴィティ
旧題「one」

gravity(=重力)です。
グラフィティじゃないです。

最初に作ったのが2009年、洋エモにハマってた時期で(RELIANT KとかWaking AshlandとかDream StateとかCLOSURE IN MOSCOWとか聴いてた)、その影響で元は上にある「one」というタイトルで英語詞でした。
2010年の秋頃に作り直して、ルカに歌わせる予定でしたが、あまり思った通りに歌わせることができず断念。
それでキーを変えてオケを作り直し、なんか桜っぽいと思ったので桜を取り入れつつ歌詞を書きました。

転調後の歌詞は二種類に解釈できるはず。

ウインター・リバースの時は、「マフラー 首を絞め」のフレーズが出てきて一気に曲の世界観が決まったんですが(そこまでの歌詞は"なんとなく冬っぽい"だけ考えて書いてました)、この曲の日本語詞はある程度流れというか構成・世界観を決めてから書きました。

ミクはsoftとdarkを使用。
一人が歌っているとするには無理があるので(特にAメロ)こういう構成に。基本的にはdarkです。



間奏のシンセはschool food punishmentのfuture nova聴いた影響が。
友達に言われたこと(下記参照)も多少なり意識していた結果ですねこれ。


サビのリズムは直前で四つ打ちに変えました。四つ打ち好きです。
BPMが近いこともあり、decrescぽくなりましたが。


最近、もう少し曲に「破綻」があっても良いんじゃないかと思い始めています。


絵・動画は今回もミヤさんです。ぼく自身もミヤさんの一ファンとして、曲にどんな絵・動画を作って頂けるのかが、毎回楽しみです。ありがとうございました!


友人談
「なんかハイドアのカップリングって感じ」
1a
銀の雪融けを待つ少女
青い唇ふるわせて
灰色の冷たい校舎
鈍い眠りにつく街

1b
冷えた指を絡ませるきつく
同じ景色見えている?

1s
星が空を染める夜
並ぶ影を映し出す
刻み込んだアルファベット
忘れられる前に

2a
給水塔の上の少女
器用に両手広げてる
中庭で踊るビニール
黒く歪んだ焼却炉

2b
錆びた金網握り締めてまた離す
同じ世界感じている?

2s
ここから飛び降りたらなんて
笑ってた頃懐かしい
迎えを待つ必要はない
まぶた閉じて向かう

3s
星になるには低いけど
一人じゃないし、きれいかな
まだ裸の桜見下ろし
ぼくら……

4s
白い季節は終わりを告げ
訪れた楽園の
大きな桜の下で
いつまでもずっと二人
スポンサーサイト
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL : http://gatehorn.blog.fc2.com/tb.php/3-40578d77

プロフィール

門角

Author:門角
門角(もんつの)と言います。
曲作ってます。


ミスってブログを消したことがあります。







twitter

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

訪問者数

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。